TOP > フロンティア・エンタープライズ > 水産資源保全のためのエコラベル認証制度「サステナブル・シーフード」のPRを実施
事例
2018/02/28

水産資源保全のためのエコラベル認証制度「サステナブル・シーフード」のPRを実施

管理者
フロンティア・エンタープライズ

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)、海洋管理協議会(MSC)日本事務所、水産養殖管理協議会(ASC)ジャパンが開催したイベント「サステナブル・シーフード・ウィーク 2017 スペシャルイベント」のプレス発表会のPRをお手伝いしました。

 

「サステナブル・シーフード」とは、将来の世代も魚や貝などを食べていけるように、獲り過ぎや自然を傷つけることが起こらない方法でとられた水産物のことです。水産資源と環境に配慮して獲られた天然の水産物の証がMSC「海のエコラベル」、環境と社会への影響を最小限にして育てられた養殖の水産物の証が、ASC「養殖版海のエコラベル」です。各メディアを通じて、このエコラベル認証制度を多くの方に知っていただけるように、弊社は媒体へのイベント取材誘致と露出の後押しという形でお手伝いいたしました。

 

 海洋生物マニアであるココリコの田中直樹さんと、『掛け算レシピ』など家事の達人としてお茶の間で人気の家事えもんこと松橋周太呂さんとのイベントトークや、松橋さんによるサステナブル・シーフードを使ったクッキングデモンストレーションなどを盛り込んだプレス発表会には、約32媒体48の媒体の皆様にご来場いただくことができました。

 

その結果、ZIP!」や「ノンストップ」などのテレビ番組や、その他各新聞・雑誌、WEBによる掲載で多くのメディアにてご紹介していただくことができました。

 

広報・PR活動に関するご相談・お問い合わせはお気軽にお寄せください。
  • お電話でのご依頼・お問い合わせ
  • 03-5565-1121
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • お見積り・ご相談はこちら

Facebookで更新情報をチェック!